一緒にやってみませんか?

梅雨の時期になりました。

雨が多い季節ですが、その中でもフライヤーズの選手たちは、汗を流して頑張っています。
最近入ってきた新入部員の仲間は、ちょっとの休憩中にも休んでいないで「野球が好きだから、野球をやりたい」とコーチに話しています。
そんなうれしい仲間が少しずつ増えていますが、6月7月は、そんなやる気を削ぐような天候にならないことを期待しています。

3年生以下の大会も今月開会式を迎え、いよいよ本格化してきました。
まだまだ、仲間は少ないです。もっとたくさんの仲間と野球がしたいです。

大森フライヤーズは、大森小学校、宮崎小学校、蘇我小学校、星久喜小学校、大巌寺小学校を中心として中央区各地から児童が参加しています。普段、会うことのない別の小学校の子供たちと一致団結して練習し、試合をし、また切磋琢磨することで学校以外の本当の仲間が作れます。

卒部生の中には、同じフライヤーズの仲間同士だった選手達が別々の中学校の野球部に入り、今年の総体の1回戦でぶつかるという楽しみなカードも組まれました。「少年野球は小学校のもの」と思われがちですが、その先でもこういうことは多々あります。それも、小学校からやっていたからこそ起こることではあります。
元々仲間だったことを考えると、戦いたくもないですが、本当の仲間として長く付き合っていけるのも、こういう場があってこそと感じます。

たくさんの仲間を作りたいと思っている皆さん、 体を動かしたいと思っている皆さん。是非、体験しに来てください。
お父さん、お母さん、お待ちしております。

 

活動について

チームは年間を通して、土曜日・日曜日・祝日の8時~活動拠点である、中央区の大森小学校、菰池公園(SL側)で活動しています。
主に学年単位6年:Aチーム 5年:Bチーム 4年:C1チーム 3年以下:C2チームで行動します。千葉市中央区連盟の大会をはじめ、各連盟の主催する大会に出場し、優勝を目指して頑張っております。
大会のない週は、大森小・菰池公園他で練習し、野球の上達はもとより、日常生活でも模範になれるような子供たちの育成を目指しております。
毎週の活動場所はホームページに随時アップします。
チーム全体の行事として2月に親子レク、7月に夏合宿を行っております。

 

入部にあたって

入部はいつでも大歓迎です!小学生であれば、男女は問いません。 小学生未満の場合も相談してください。定期的に体験会を実施しておりますが,それ以外でも随時体験練習が可能です。予定表で練習場所を確認していただき、お気軽に直接グランド(大森小、菰池公園)へ是非お越しください。 *運動のしやすい服装で保護者の方のお付き添いでお願いします。

* 費用について 入部時2,300円(父母会費 年間1,500円 スポーツ保険 年間 800円)  部費3,000円(月額)

在籍選手の出身小学校  大森小学校・蘇我小学校・宮崎小学校・星久喜小学校他

 

入部・体験希望・お問い合わせは下のボタンから

 

 

活動場所

千葉市立大森小学校、菰池公園(SL側)となります。日によって異なります。このホームページのスケジュールにどちらで活動するかを記載してありますので、体験・見学ご希望の方は、お気軽に直接現地にお越しください。

※菰池公園では、中央区の他の少年野球チームも活動しておりますので、お間違いないようお気を付けください。

菰池公園(SL側)マップ

大森小学校

 

入部をご検討される方へのQ&A

Q.練習風景を見学したいのですが?

A.普段の練習風景は、ご自由にご見学ください。その際、場所の変更がある場合がございますので、ホームページでご確認ください。


Q.お茶当番はありますか?

A.試合の時のみの当番制になっております。

 

Q.参加するのに必要なものはありますか?

A.グローブ、バットと練習着は準備してください。ユニフォームは貸与します。


Q.1・2年生で一日練習がついていけないのでは・・・?

A.最初は、ついていけないお子さんもいらっしゃいますが、フライヤーズならではの大勢のスタッフが丁寧に指導しますので、数か月後にはついて行けるようになります。もちろん、低学年は慣れるまで、半日練習の対応も可能です。


Q.女の子でも参加できますか?

A.女の子でももちろん歓迎です。

 

Q.低学年はずっと基礎練習ばかりで、試合に出られないのでは?

A.大森フライヤーズでは、1・2年生で出られる「めだかリーグ」に第一回から参加しています。そのため、1・2年生でも試合に出られる機会は多く、実戦も数多く経験できます。

(ちなみに、2016年はめだかリーグ優勝、2015年はめだかリーグ優勝、めだかトーナメント第3位でした)

 

※その他、ご質問はお気軽にこちらまで。