千葉市中央大会準決勝進出

Aチームは10月23日に秋季中央大会本大会の開会式がありました。
2年続けて、これに出られたのは良かったと思います。

その後、その日の第三試合で園生わかばとの試合があり、終始リードをされる苦しい展開でしたが、最終回に逆転し、追いつかれたものの、サドンデスで1点勝ち越し、サドンの裏の守りもファーストのファインプレーでゲッツーとなり、1点差の展開をものにしました。

そして迎えた今週の準々決勝、相手は因縁の「愛生グレート」。3年半前に初対戦してから、このチームが一度も勝ったことのない相手でした。ましてや、3年前の「フレッシュトーナメント」の決勝でまさかの大逆転負けを喫してから、勝てないイメージを持っていました。今年も1回負けている相手。苦戦が予想されました。しかし、フタを開ければ初回に6得点。その後もこまめに得点し、結果11-2でコールド勝ちとなりました。

少年野球、やってみなければわからないものですね。ディフェンディングチャンピオンが今年もあと2つのところまで来ました。
ひとりひとり、頑張るのみです。
2016年10月30日