37期生 無事卒部

昨日、フライヤーズでは、一年の納会と37期生の卒部式が行われ、無事に終了しました。
37期生は5年生、6年生の秋季中央大会で連覇という偉業を成し遂げたチームでした。
フライヤーズ史上初めての事でしたし、40回を迎えるこの大会、千葉市のチームを見渡しても、過去達成したのはほんの数チームの出来事でした。
正直、連覇するほど強いチームだったかというと、多少「?」が付くかとおもいますが、それも少年野球。強さと結果は必ずしも一致するわけではないのが、また面白いところです。
彼らは卒部後それぞれ別の道を進みますが、野球を続けるという意思表示をしていましたので、中学や高校で対戦することがあるかもしれません。
是非、大森フライヤーズで学んだことを生かして、これからの中学高校の学校生活や野球人生につなげていただければと思います。

さて、新たなシーズンも始まり、新部員を募集しています。今年のスタートに合わせて、大森フライヤーズの野球を経験してみませんか?
野球が強い部分もありますが、今回の卒部式でも、140人くらいの前で6年生が2~3分の言葉を全員「カンペ無し」で自分の言葉で話しきりました。
学校生活以外で、「礼儀」や「生活態度」、大舞台での「経験」等、様々なことを学べる大森フライヤーズで一緒に野球をしませんか?

※関係者の方々、納会・卒部式の模様をフォトギャラリーにアップしています。ご覧ください。


2017年01月10日